無料体験

Sentry(セントリー)の
機能紹介

服薬フォローの実施には2つの課題があります。
これを解決するためのSentryのソリューションをご紹介します。

薬剤師の業務負荷を
軽減するしくみ

1フォロー作成

「誰に、何を、いつフォロー
するか?」を自動表示

  • レセコンと連携して、来局患者リストからフォロー対象者を抽出します。
  • 患者さんの服用薬に即した、最適な指導・ヒアリング項目を表示します。
  • フォロー内容の編集、配信日の登録、管理ができます。

2フォロー実施

アプリなら設定した
メッセージを自動配信

  • フォロー予定日になると、アプリ患者へは自動でメッセージが送信されます。
  • 患者さんの返信受付はチャットボットが行います。薬剤師さんはリアルタイムの閲覧が不要です。

3患者対応

薬学的見地に基づく
対応マニュアルを表示

  • 患者さんからの副作用報告や、飲み合わせ相談が発生したら対応マニュアルを表示します。※副作用発生機序、初期症状、被疑薬。※併用可否、OTC添付文書

4薬歴報告

薬歴報告、トレーシング
レポートの作成をアシスト

  • 患者さんとの対話はすべて自動で、分類整理され、履歴としてファイリングされます。
  • 薬歴への報告作成の下書きとして、編集コピーが可能です。

患者のアドヒアランスを高めるしかけ

1フォロー回答 / 副作用相談

患者さんの自覚症状を、もれなく聞き出す自動アンケート

  • チャットボットがアンケート形式で患者さんの自覚症状を聞き取ります。
  • 患者さんが回答した症状が、服用中の薬の副作用の初期症状データと照合し追加質問を行います。
  • ヒアリングした情報を元に、システムが対応マニュアルを作成し、薬剤師へ対応依頼を行います。

2併用薬相談

バーコードスキャンによる簡単、正確な飲み合わせ相談

  • 患者さんは飲み合わせ相談のために、アプリのカメラで薬のバーコードを読み取り、薬剤師に確認依頼をすることができます。(OTCは外箱のJANコード、医療用医薬品はGS-1コード)
  • ヒアリングした情報を元に、システムが対応マニュアルを作成し、薬剤師へ対応依頼を行います。

3自動相談対応

ちょっとした質問なら、
チャットボットがその場で回答

  • 用法用量、使用上の注意などの質問は、チャットボットがその場で回答します。 (回答のソースは添付文書、くすりのしおりなど)

4薬情配信

「薬情」を自動生成し、
アプリに配信

  • 薬情を自動で生成し、患者さんのアプリに配信します。(QRコードの読み取りなどは不要です)
  • お薬手帳と同様の「調剤履歴データ」を自動で作成されます。(QRコードの読み取りなどは不要です)

顧客満足度の向上と、リピート促進へつなげるしかけ

1営業代行

チャットボットによる、
かかりつけの獲得アシスト

  • かかりつけ案内、加算説明、次回来局の営業など、 患者さんに直接お伝えしづらい内容は、チャットボットキャラクターが代わりにお伺いします。

2受け取り予約

処方せん撮影で、簡単来局予約

  • 患者さんはアプリで処方せんを撮影し、来局予約の確認ができます。
  • 事前の問診票記入や、フォロー回答でスムーズな受け取りが可能になります。